メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
地域おこし協力隊

豊岡市が委嘱 劇場計画に興味 東京都出身・渡辺さん/移住して農業を 西宮出身・松野さん /兵庫

兵庫県豊岡市の前野文孝副市長(右端)から「地域おこし協力隊」の委嘱状を受けた渡辺瑞帆さん(中央右)、松野利昭さん(同左)と卒業した田中友里絵さん=同市役所で、村瀬達男撮影

 豊岡市は31日、西宮市の元会社員、松野利昭さん(44)と東京都目黒区の建築士で舞台美術家の渡辺瑞帆さん(27)を「地域おこし協力隊」に委嘱した。

 松野さんは、男性化粧品の会社に勤めていたが、第1次産業に興味があり、応募した。一般社団法人「但馬地域経済活性化機構」に所属して、労働力不足や後継者難の農業の活性化に向けた人材育成を図る。

 渡辺さんは東京で「劇団 青年団」の演出部にいたが、劇作家の平田オリザさんから、豊岡が演劇の街として…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文444文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです