メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

両長谷遺跡

焼失した竪穴建物跡、確認 倉吉 /鳥取

鳥取県倉吉市の両長谷遺跡で新たに発見された、焼失した竪穴建物跡=同市教委文化財課提供

 弥生後期(約2000年前)の両長谷遺跡(倉吉市国府(こう))で、U字形の穴がある焼失竪穴建物跡や、県内最大級の竪穴建物跡などの集落跡が見つかったと、市教委が発表した。担当者は、同様の穴は他の遺跡では聞いたことがないと言い用途は不明という。

 市教委文化財課によると、火事で焼けたとみられる直径5メートルの竪穴建物跡では、直径20センチの二つの穴が深さ…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです