連載

うみやまリレーダイアリー

徳島に来た人たちの目に、この地はどのように映っているのだろう。徳島で暮らす人たちに日々の暮らしの感想をつづってもらう。

連載一覧

うみやまリレーダイアリー

三好市に移住 植本修子さん(47)=カフェ、デザイン事務所経営 /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山でみつけたユキノシタ。シンプルに調理して、自然のものを食べてみる体験を
山でみつけたユキノシタ。シンプルに調理して、自然のものを食べてみる体験を

 <徳島で暮らしてみれば>

「食」は生きること、つなぐこと

 今現在のわたしたちの体は、10年前に食べたものでできている。つまり、今食べているものは10年後の血となり肉になるということだ。

 近年「食育」という言葉をとてもよく耳にし、学校給食もその視点で作られているようであるが、食育を丁寧に学ぶほど学校はヒマではないのが現状。それはカリキュラムを見れば一目瞭然だ。個人的には、低学年は詰め込み式の学力向上より、五感を刺激し感じて吸収することのほうが大切だと考えるが、授業の中に入らないのなら、とはじめたのが自然塾の食育の会である。

 かつてこんな質問を受けた。「パンダを飼ったとして、いろいろな食べ物を与えた末に具合が悪くなったらどうしますか?」という問いだった。答えは全員が同じ「もともと食べていた笹(ささ)に戻します」だった。当たり前の答えだった。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文822文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集