地球温暖化

豪雨増 「100年に1度」最大1.4倍 国交省、治水見直し

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4℃上昇すると「100年に1度」の降水量は……
4℃上昇すると「100年に1度」の降水量は……

 国土交通省の有識者検討会は31日、地球温暖化によって将来の豪雨時の降水量が全国平均で1・1倍になるとの試算を示し、これを国管理の河川の治水計画に反映すべきだとする提言骨子案をまとめた。これまで河川整備計画は、各地域で過去に起きた最大の豪雨を基に、河川の系統ごとに作られてきたが、気候変動の将来予測を取り入れる方法に転換する。

 昨年7月の西日本豪雨など、近年、大規模水害が頻発していることなどを受け、検討会は気候変動の影響があっても安全が確保できるように議論を進めていた。今夏にもまとまる提言を基に、国交省は河川整備計画を見直していく。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文701文字)

あわせて読みたい

注目の特集