メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定
安倍首相

太平洋構想 「平和」力点、アジア首脳に協力求める 板挟み警戒

 安倍晋三首相は31日、フィリピンのドゥテルテ大統領、マレーシアのマハティール首相、カンボジアのフン・セン首相と首相官邸で相次いで会談した。日米が推進する「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」構想に関し、安倍首相は「平和的共存」の枠組みと説明した。米国と一体化した同構想と、中国の経済圏構想「一帯一路」との「板挟み」になると警戒する各国に協力を求めた。

 各国首脳らは、アジアに関する国際会議出席のために来日した。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文806文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです