メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

完全かつ最終的な迷い道=伊藤智永

日韓国交正常化交渉に向けた会談のため、首相官邸に池田勇人首相(左)を訪ねた韓国の朴正煕・国家再建最高会議議長(右)=1961年11月

 「韓国は、どうにもならんですなあ。国と国の約束は守らない。何度も昔のことを蒸し返す。相手にしないに限りますよ」

 居酒屋でも国会でも、分別盛りの大人たちが憤慨している。今月下旬の主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)でも、日韓首脳会談は開催が危うい。

 徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決は、日韓請求権協定(1965年)の

 「請求権に関する問題が、完全かつ最終的に解決された」

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文1977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです