メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

打ち出の小づち存在せず=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 「自国通貨を発行し、自国通貨建てで国債を発行できる国は、財政赤字にとらわれず歳出を拡大できる」という米国の現代貨幣理論(MMT)が日本でも話題だ。だが注意点が二つある。

 第一に、MMTは財政赤字の拡大を無限に行えるとは言っていない。インフレ率が上昇したら厳格に財政緊縮に転じなければならない。第二に、膨らんだ政府の借金は「フリーランチ」(ただ飯)にはならない。先行きの税収で債務は返済されなければならない。

 もし我々がMMTに基づいて政府債務を膨張させるなら、将来世代がその借金を苦労なく返済できるだけの経…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです