メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

新テスト活用、私大65% 内容不明、足踏みか 20年度導入

大学入学共通テストの活用について

 文部科学省は31日、大学入試センター試験に代わって2020年度から始まる大学入学共通テストの活用の検討状況(今年1月時点)について、全国の国公私立大学に尋ねた結果を公表した。「活用する」大学は国立で約98%に上ったが、私立は約65%にとどまり、約30%が「まだ決まっていない」と答えた。21年1月の共通テスト実施まで残り1年半だが、詳細な内容や運用方法が公表されていないため決めかねているとみられる。現行のセンター試験は、国公立大の全校、私立大の9割が活用している。【水戸健一】

 調査は今年1月にメールなどで実施し、全大学1068校の9割にあたる964校が回答した。共通テストを「活用する」大学は、国立97・6%▽公立92・7%▽私立65・3%。「活用しない」大学は、国立がゼロで、公立1・2%、私立4・2%。一方、「まだ決まっていない」大学は国立2・4%、公立6・1%に対し、私立は30・3%と目立った。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです