メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

ピーマンをおいしく うまみ強い食材で苦み克服

ピーマンのサバみそ缶詰焼き

 <くらしナビ ライフスタイル>

 子どもも大人も「苦手な野菜」として挙げることの多いピーマン。これからが旬で栄養豊富な野菜を今年こそおいしく味わいたい。野菜料理プロデューサーの新田美砂子さんに「ピーマン克服レシピ」を紹介してもらった。

 ピーマンにはカロテンやビタミンCが多く、ビタミンCの働きを助け毛細血管を丈夫にするビタミンPも含まれている。最近は品種改良されて食べやすくなっているものの、独特の青臭さや苦みが嫌いな人にとっては依然、ハードルが高い。克服するための調理のポイントを教わった=表。今回紹介する3品はいずれも、これらのコツを生かしている。

 「ピーマンのサバみそ缶詰焼き」は、一見ピーマンの肉詰めのようだが、ひき肉の代わりに人気のサバ缶を活用、約10分でできる時短レシピだ。ピーマンの内側には中身がはがれないよう、小麦粉ではなくチーズを散らす。うまみの強いみそやチーズと合わせれば、ピーマンの苦みを感じにくい。ほんの少量使うカレー粉も味のアクセントになる。完熟した赤ピーマンは緑より甘みがあるので、手に入れば使ってみたい。

この記事は有料記事です。

残り1615文字(全文2082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです