テニス

全仏オープン 錦織、薄氷の16強

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 テニスの4大大会第2戦、全仏オープン第6日は31日、パリのローランギャロスで男子シングルス3回戦があり、第7シードの錦織圭(日清食品)が第31シードのラスロ・ジェレ(セルビア)に6-4、6-7、6-3、4-6、8-6のフルセットの末に勝ち、5年連続で4回戦に進んだ。4回戦は世界ランキング38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦する。

 女子シングルス3回戦では、第2シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)が敗れる波乱があった。男子ダブルスは西岡良仁(ミキハウス)リカルダス・ベランキス(リトアニア)組が2回戦で敗退した。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文922文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集