メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
競泳

ジャパンオープン 男子800リレーで新たな内定なし

 競泳のジャパンオープン第2日は31日、世界選手権(7月・韓国)の最終選考会を兼ねて東京辰巳国際水泳場で男女の決勝8種目が行われた。男子200メートル自由形は世界選手権代表の松元克央(セントラルスポーツ)が1分46秒62で優勝したが、選考対象となる男子800メートルリレーで新たな内定者は出なかった。女子200メートル自由形は白井璃緒(東洋大)が1分57秒06で優勝。青木智美(あいおいニッセイ同和損保)が1分58秒03で3位に入り、女子800メートルリレーの派遣標準記録を突破して新たに内定した。

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文964文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです