メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・公立福生病院

透析指針、終末期以外も 問題受け医学会見直し

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、日本透析医学会(理事長=中元秀友・埼玉医大教授)は31日、声明を発表し、終末期の患者に限って治療中止を容認している現行の学会ガイドラインについて「現在の医療状況にそぐわない点がある。終末期でない患者の意思決定プロセスなどを追加して改定すべき時期に来ている」として、今年度中に見直す方針を示した。病院で昨年8月に治療中止を選んで亡くなった女性(当時44歳)のように、治療をしながら日常生活を送れている患者にも治療中止が拡大する恐れが…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです