メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・公立福生病院

透析指針、終末期以外も 問題受け医学会見直し

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、日本透析医学会(理事長=中元秀友・埼玉医大教授)は31日、声明を発表し、終末期の患者に限って治療中止を容認している現行の学会ガイドラインについて「現在の医療状況にそぐわない点がある。終末期でない患者の意思決定プロセスなどを追加して改定すべき時期に来ている」として、今年度中に見直す方針を示した。病院で昨年8月に治療中止を選んで亡くなった女性(当時44歳)のように、治療をしながら日常生活を送れている患者にも治療中止が拡大する恐れが…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです