メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蚊やり豚

蚊の季節、豚の出番 三重・菰野

 夏本番を前に、三重県菰野町の萬古(ばんこ)焼の窯元「松尾製陶所」で、蚊取り線香を入れる「蚊やり豚」の生産が最盛期を迎えている。

 作業場では所狭しと素焼きの蚊やり豚が並ぶ。大小の2種類があり、草花やトンボが絵付けされる。今月中旬までに約2500個を生産する予定だが、かつての半数程度という。

 松尾徹也社長(66)は「住環境が整備さ…

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文237文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです