メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「突然無差別に…」銃乱射、死者は12人に 米南部バージニア州

 米南部バージニア州バージニアビーチの市庁舎で31日午後4時ごろ(日本時間1日午前5時ごろ)、男が銃を乱射し、少なくとも12人が死亡、複数が負傷して病院に運ばれた。男は市の公共事業部門に長年勤める現職員で、駆けつけた警察官と銃撃戦になり、撃たれて死亡した。

 米メディアによると、男は建物に入ると、「突然無差別に撃ち始めた」(警察幹部)といい、複数の階で乱射した。警察官1人も負傷したが、防弾チョッキを着ていたため致命傷を免れた。

 米CNNテレビは、男はドウェイン・クラドック容疑者(40)で、職場に何らかの不満を抱えていたと伝えた。現場からは、消音装置が付けられた拳銃などが発見され、犠牲者は三つのフロアにわたっていた。男は大量殺人を計画していた可能性が高い。銃は合法的に入手したとみられるという。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです