メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和フィーバー考

為政者に“同調文化”を利用されていないか 三浦まり・上智大教授

新元号「令和」を知らせる号外を手に取る人たち=東京都港区で2019年4月1日、尾籠章裕撮影

 「レイワ・ワン!」。5月26日夕、来日したトランプ米大統領が両国国技館での表彰式で高らかに声をあげた。すると、会場からは万雷の拍手がわき起こった。「令和フィーバーは終わっていないのではないか」。記者はそう感じた。こんな疑問を抱え、上智大法学部の三浦まり教授(政治学)を訪ねた。三浦さんは記者の問いにうなずき、さらにこう憂えた。「民主主義が危機にあると思います」。危機とは穏やかではないが一体――。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2406文字(全文2624文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです