メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和フィーバー考

為政者に“同調文化”を利用されていないか 三浦まり・上智大教授

新元号「令和」を知らせる号外を手に取る人たち=東京都港区で2019年4月1日、尾籠章裕撮影

 「レイワ・ワン!」。5月26日夕、来日したトランプ米大統領が両国国技館での表彰式で高らかに声をあげた。すると、会場からは万雷の拍手がわき起こった。「令和フィーバーは終わっていないのではないか」。記者はそう感じた。こんな疑問を抱え、上智大法学部の三浦まり教授(政治学)を訪ねた。三浦さんは記者の問いにうなずき、さらにこう憂えた。「民主主義が危機にあると思います」。危機とは穏やかではないが一体――。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

 三浦さんはあるニュースに心を痛めていた。2017年12月、近畿大の学生だった男性(当時20歳)がサークルの会合で一気飲みするなどして、急性アルコール中毒になり死亡した。大阪府警は今年5月27日、救急車を呼ぶなどの措置を取らずに死なせたとして、当時のメンバーら12人を保護責任者遺棄致死の疑いで書類送検した。男性の両親は元メンバーらを刑事告訴しており、「息子は酒があまり強くないにもかかわらず、はやしたてられた」と主張していた。三浦さんは「もし飲酒を断れば、場の盛り上がりに水を差してしまう。亡くなった男性もそんな状況で、嫌だと言い出せなかったのかもしれません」とおもんぱかった。

 なぜ、この事件に言及したのか。三浦さんは「日本社会では、盛り上がりや一体感を重視する場が設定されると、同調が当然とされ、個人が異論を言ったり、抵抗したりするのは非常に難しくなるからです。もし異論を口にすれば、『今言わなくてもいいじゃない』と袖にされてしまう。これは日本の文化的規範と呼べると思います」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り1959文字(全文2624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです