メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポットライト

図鑑制作者・丸山貴史さん 進化は一本道ではない

[PR]

 きものたちをユーモアたっぷりに紹介しょうかいしている「ざんねんないきもの事典じてん」(高橋書店たかはししょてん)シリーズや「わけあって絶滅ぜつめつしました。」(ダイヤモンドしゃ)が、だいヒットしています。これらのほんいた図鑑ずかん制作せいさくしゃ丸山貴史まるやまたかしさんに、図鑑ずかんのおもしろさについてきました。【上田うえだ泰嗣やすつぐ

 Q なぜ動物どうぶつ図鑑ずかんくようになったのですか。

 丸山まるやまさん 大学だいがくかよいながら、図鑑ずかんつく編集へんしゅうプロダクションでアルバイトをしたのがスタートです。その出版社しゅっぱんしゃはいり「世界せかい珍獣ちんじゅう図鑑ずかん」などの編集へんしゅうをしていましたが、独立どくりつしてからは文章ぶんしょういたり、内容ないようをチェックしたりと、図鑑ずかん制作せいさく全般ぜんぱんおこなうようになりました。

 Q 作品さくひんむと、丸山まるやまさんは進化しんかにこだわりがあるようにおもいました。

 丸山まるやまさん わたしきものについておもしろいとおもうのは、まさに進化しんかです。どんなきものも環境かんきょう適応てきおうした結果けっかとしてのこっている、つまり勝者しょうしゃですね。なのに「ざんねん」な特徴とくちょうもある。それは進化しんか一本道いっぽんみちではない証拠しょうこです。たとえばイルカは水中すいちゅうでくらしているけど、エラで呼吸こきゅうはできません。水面すいめんまでがってはな空気くうきわないといけない。だから、ぐっすりねむることはできないんです。それは「ざんねん」かもしれませんが、イルカの祖先そせん陸上りくじょう動物どうぶつだったなごりですね。さかなりくがって両生類りょうせいるいになり、哺乳類ほにゅうるい進化しんかしてからふたたうみもどったので、イルカの呼吸こきゅう器官きかん陸上りくじょう動物どうぶつのままなんです。

 Q どもたちにどんなところをんでほしいですか。

 丸山まるやまさん きものがその姿すがた進化しんかしたことにはかなら理由りゆうがあります。ほん理由りゆういてなくても、みなさんが推測すいそくすることは可能かのうです。そのためには、そのきものがどんなところにすんでいて、まわりにどんなきものがいるかといった情報じょうほうあつめる必要ひつようがあります。かんがえの道筋みちすじ間違まちがっていなければ、それはひとつのせつとしてれられるかもしれません。そういったおもしろさが進化しんかにはあります。

 Q 今後こんご予定よていは。

 丸山まるやまさん 7がつ下旬げじゅんに「わけあって絶滅ぜつめつしました。2」が予定よていです。シマウマのしまが半分はんぶんだけえたクアッガや、うみにもぐってくさべていたウミベナマケモノなどをげています。どんな理由りゆう絶滅ぜつめつしたのか興味きょうみってもらえたらうれしいです。


プロフィル

 1971ねんまれ、東京都とうきょうと出身しゅっしんどものころから動物どうぶつきで、20だいのときにはイスラエルのダチョウ牧場ぼくじょうはたらきながら砂漠さばく動物どうぶつ観察かんさつしていました。これまでに100さつ以上いじょう図鑑ずかんかかわってきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです