メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

メディア 被害者取材 厳しい目に堪える方法で

記者会見で涙を流しながら質問に答えるレイモンド淡海保育園の若松ひろみ園長(右)=大津市で2019年5月8日、平川義之撮影

[PR]

山田やまだ道子みちこ 毎日新聞まいにちしんぶん 紙面審査委員しめんしんさいいん

 滋賀県大津市しがけんおおつしけんどう交差点こうさてんで5がつようかくるま同士どうし衝突事故しょうとつじこまれ、散歩さんぽちゅう保育園ほいくえんら16にん死傷ししょうするいたましい事故じこがありました。そのよる保育園ほいくえんおこなった記者会見きしゃかいけんをめぐり、マスメディアの取材しゅざいたいするはげしい批判ひはんがネットじょうなどできました。

     事件じけん事故じこきると被害者ひがいしゃやその家族かぞく関係者かんけいしゃ取材しゅざいしようと殺到さっとうすることは「メディアスクラム」とわれ、批判ひはんされてきました。

     今回こんかいはどうでしょう? 「保育園ほいくえんなにわるくないのに、記者きしゃがよってたかっててた」「視聴者しちょうしゃにうったえる映像えいぞう撮影さつえいするためにおもいやりのない質問しつもんをわざとぶつけた」という批判ひはんきました。「被害者ひがいしゃがわ取材しゅざいはやめるべきだ」というこえまでました。散歩さんぽまえ園児えんじ様子ようす記者きしゃいたところ、保育園ほいくえんちょうくずれました。メディアが保育園ほいくえん責任せきにん追及ついきゅうしたと、められました。

     被害者ひがいしゃひととなりや普段ふだん様子ようすること、事故じこ状況じょうきょう事実関係じじつかんけい確認かくにんすることは大切たいせつです。理不尽りふじん事故じこにあった被害者ひがいしゃがわかなしみをつたえたい。同様どうよう事故じこふせぐために教訓きょうくんしたい。警察けいさつ発表はっぴょうだけでは事故じこのさまざまな問題点もんだいてんはみえてきません。

     岡本健おかもとたけし近畿大学きんきだいがく准教授じゅんきょうじゅは「衝撃しょうげきてき事件じけん事故じこきると、人々ひとびと動揺どうようする。そして、できるだけはや日常にちじょうもどそうとする心理的しんりてきせいこころうごき)や、原因げんいん理由りゆう(とおもわれるもの)をはやりたい気持きもちがつよくなる。そのおもいにこたえようとする報道機関ほうどうきかん姿勢しせい理解りかいできるが、わたし記者きしゃ自身じしんも『られている』ことを意識いしきすべきだとかんがえる」と指摘してきしました。(毎日新聞まいにちしんぶん16にち朝刊ちょうかん

     最近さいきん記者会見きしゃかいけんがテレビでなま中継ちゅうけいされ、ネットでかえることができます。きびしいにさらされていることを自覚じかくしなければ、被害者ひがいしゃ取材しゅざい重要性じゅうようせい理解りかいされないとさい認識にんしきしました。


     政治部せいじぶ夕刊編集部ゆうかんへんしゅうぶ政治せいじなが取材しゅざい週刊誌しゅうかんし「サンデー毎日まいにち」の編集長へんしゅうちょうつとめた。新聞しんぶんそとから新聞しんぶん経験けいけんをして、メディアに関心かんしんつようになった。1961年東京都生ねんとうきょうとうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

    2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

    3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

    4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

    5. 手足伸ばして極楽、極楽♪温泉楽しむニホンザルが人気 北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです