メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

新体操“令和メーク”で五輪メークドラマを(スポニチ)

[PR]

 “令和メーク”で表彰台を狙う。新体操の団体日本代表、フェアリージャパンが31日、東京都北区の味の素ナショナルトレセンで新メーク発表会に参加した。

     新元号「令和」は英語で「beautiful harmony(美しい調和)」とされることから、新メークのテーマは「調和」。これまでリップはインパクトのある赤を使用していたが、「令和」の出典が万葉集「梅花の歌」の序文ということもあり、梅色のピンクのニュアンスをプラス。杉本早裕吏主将(23=トヨタ自動車)は「リップの色が気に入っている」とし、20年東京五輪の出場権が懸かる9月の世界選手権(バクー)へ、「3位に入りたい」と気合を入れた。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

    2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

    3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

    4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?

    5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです