メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[スクープ!]発売は9月17日! 日本仕様トヨタ・カローラセダン&ステーションワゴンは3ナンバー化確実

情報提供:カートップ

【スクープ!】発売は9月17日! 日本仕様トヨタ・カローラセダン&ステーションワゴンは3ナンバー化確実

消費税率の引き上げが発表・発売日のカギとなる

 北米や中国などですでにデビューしている新型カローラセダン。日本国内においてはすでに、ハッチバックのカローラスポーツが次世代カローラシリーズとして日本国内でも販売されているが、有力筋から、セダンおよびステーションワゴンの日本国内でのデビューが9月17日(火)であるとの情報がもたらされた。

 日本国内での現行カローラには、セダンには“アクシオ”、ステーションワゴンには“フィールダー”というペットネームがついているが、次期型ではこのペットネームがなくなるとの情報もある。また現行カローラはヴィッツのプラットフォームをベースとしており、“グローバルカローラ”とはまったくの別物となっているが、次期型ではTNGA思想に基づく世界共通プラットフォームを採用することになっている。

カローラ

 そのため、いままでの5ナンバーサイズから3ナンバーサイズとなることがカローラスポーツから見てもほぼ確実となっており、そのことについても話題となっている。なお、基本コンポーネントは世界共通となるが、見た目に関しては、欧州や中国、ASEAN地域など向けのカローラと、北米仕様となる2タイプが用意され、中国市場では一汽豊田カローラの兄弟車となる、広州豊田レビンとしてラインアップされている。日本市場では北米仕様の見た目になるとされている。

カローラ

 次期型カローラセダンおよびステーションワゴンのデビュースケジュールは、いままでも“夏ごろ”との話があったが、今年10月からは消費税率の引き上げが予定されており、それとの関係からも注目されていた。9月17日発表で同時発売となるかは、はっきりしていないが、消費税率引き上げの混乱を避けることもあり、発売が10月以降になる可能性もあると考えていいだろう。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです