特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

20年東京五輪

聖火、16市町を巡る 県内、3月29・30日実施 足利から宇都宮まで /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪の聖火リレーのルート概要が1日、発表され、足利市から宇都宮市まで16市町を通過する県内のルートも明らかになった。1日目は主に県南部から那須烏山市を走り、2日目は県北部や西部、中央部を回る。詳細は年内をめどに発表される予定。【林田七恵】

 大会組織委員会などによると、県内では3月29、30日の午前10時~午後8時ごろを目安に実施され、各日とも80人、計160人のランナーが参加する。全国的には福島県に続く2県目となる。

 1日目は史跡足利学校がある足利市をスタートし、佐野、小山、茂木、栃木、上三川、真岡の市町を経て那須烏山市でゴールし、JR烏山駅前で記念イベントを開く。2日目は那須町で始め、さくら、益子、那須塩原、壬生の市町から世界遺産「日光の社寺」がある日光市を通過し、鹿沼市、宇都宮市の県庁で締めくくる。

この記事は有料記事です。

残り1157文字(全文1521文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集