メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

日本大会 「スクラム」+「熊」「スクマム!クマガヤ」に ラグビータウン熊谷の新スローガン /埼玉

シンボルマークが描かれたTシャツを着て肩を組む「One Team KUMAGAYA推進委員会」の松本邦義委員長(中央)、吉谷吾郎さん(左から2人目)、窪田新さん(同4人目)=埼玉県熊谷市役所で

シンボルマークも

 今秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会試合会場の一つで「ラグビータウン熊谷」を旗印とする熊谷市。市民一体で進める街づくりの行動指針となる新スローガンが「スクマム!クマガヤ」に決まった。

 同市は、県営熊谷ラグビー場が完成し、熊谷工が全国高校大会で初優勝した1991年からラグビータウン熊谷を名乗る。W杯に向け官民が連携してさまざまな活動も進むが、「ラグビータウンという言葉がいまだに浸透していない」「各活動が単発に終わり、一つの旗印に感じられない」などの声も市民や関係者に根強い。このため、市や関係団体、熊谷駅とW杯会場を結ぶラグビーロード沿いの事業者らが2月に「One Team KUMAGAYA推進委員会」(松本邦義委員長)を設立。協議を重ね、ラグビーにちなんだ新しいスローガンとシンボルマークを5月30日に発表した。

 「スクマム!」はラグビー用語のスクラムと熊谷市の「熊」を合わせた造語。年齢やラグビーへの関心の有無を問わず街全体が一つになれ、覚えやすく、熊谷らしさがあることを大事にした。考案は、W杯日本大会のキャッチコピー「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」を手がけたコピーライターの吉谷吾郎さん。推進委によると、スローガンは「街を盛り上げたいという市民の心を一つにして行動を促すもの」、シンボルマークは「気兼…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです