メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

[PR]

 ■横浜交響楽団 第695回定期演奏会

     9日14時、神奈川県立青少年センター紅葉坂ホール(横浜市西区・桜木町駅)。指揮=泉翔士、管弦楽=横浜交響楽団。1932年創立と日本有数の歴史を誇るアマチュア楽団で、翌33年には第1回定期演奏会を開いた。演奏する曲目は、横浜開港160周年にちなんだ「横浜市歌」や、生誕200年となったオーストリアの作曲家スッペの歌劇「軽騎兵」序曲、ドボルザークの「交響曲第8番 ト長調」など。全席自由、入場料1000円。080・3308・1321

     ■ソニー吹奏楽団 第55回定期演奏会

     15日13時半、カルッツかわさき(川崎市川崎区・JR、京急川崎駅)。指揮=川本統脩。ソニーグループ社員で構成される吹奏楽団で、1957年に発足した。65年に第1回定期演奏会が開かれ、50年以上の歴史がある。交響詩「モンタニャールの詩」やハーウイッツ「ラ・ラ・ランド」など6曲を演奏する。事前申し込みは不要で入場無料。任意で寄付を募り、集まった寄付金は災害発生時の復興支援に充てる。未就学児の入場不可。090・4450・1398

     ■松岡淳 ピアノリサイタル

     19日19時、東京文化会館小ホール(台東区・上野駅)。ピアニストの松岡淳は、1999年に日本人で初めて「ブラームス国際音楽コンクール」ピアノ部門で第1位に輝くなど、国内外で活躍する。リサイタルは昨年、「ブラームス鍵盤作品シリーズ」をいったん完結。今年から「ピアノの交響楽」と題し、趣を変える。曲目はベートーベン「交響曲第6番 ヘ長調」やラベル「高雅で感傷的なワルツ」など。全席自由、3500円。未就学児の入場不可。090・4747・2882

     ■第22回音楽が見える! in新百合ケ丘

     23日14時半、昭和音楽大学ユリホール(川崎市麻生区・新百合ケ丘駅)。バイオリン=川原千真、花崎淳生、ビオラ=三輪真樹、チェロ=田崎瑞博。東京芸大出身の演奏家4人でつくる「古典四重奏団」による解説付きコンサート。曲目は、モーツァルト「弦楽四重奏曲 変ホ長調 K160」やベートーベン「弦楽四重奏曲第9番 ハ長調 作品59の3 ラズモフスキー第3番」など。田崎が「ラズモフスキーの衝撃~その3」と題し、レクチャーする。全席指定3000円、ペア券5400円、学生1500円。未就学児の入場不可。044・955・0206(向山)

     ■平塚フィルハーモニー管弦楽団 第28回定期演奏会

     23日14時、平塚市中央公民館大ホール(神奈川県平塚市・平塚駅)。指揮=田部井剛、演奏=平塚フィルハーモニー管弦楽団。1991年に結成された市民オーケストラ。主に平塚市とその周辺で演奏活動をしている。曲目は、シューベルト「交響曲第7番 ロ短調 未完成」やショスタコービチ「交響曲第10番」など。全席自由、入場料1000円。未就学児の入場不可。080・3095・3763

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

    4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです