特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

20年東京五輪・パラリンピック

聖火、14市町村巡る 4月2、3日 軽井沢出発、松本到着 /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
聖火リレーは1964年東京五輪の聖火台(左)と98年長野冬季五輪の聖火台が並ぶ風越公園を出発する=長野県軽井沢町で
聖火リレーは1964年東京五輪の聖火台(左)と98年長野冬季五輪の聖火台が並ぶ風越公園を出発する=長野県軽井沢町で

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、聖火リレーのルート概要を発表した。県内は、4月2日に軽井沢町をスタートし、3日に松本市でゴールする。1998年長野冬季五輪の競技会場を中心に14市町村を巡る予定だ。【原奈摘】

 1日目は64年東京五輪の馬術会場、長野五輪のカーリング会場となった、軽井沢町の風越公園▽佐久市▽山ノ内町▽上田市▽野沢温泉村▽白馬村のジャンプ競技場--を巡り、長野市の善光寺を通過後、同市役所西側広場「桜スクエア」で聖火をランタンに納めるセレモニー「セレブレーション」を開催する。

 2日目は飯田市からスタートし、南木曽町の妻籠宿を通過して▽伊那市▽諏訪市の諏訪湖周辺▽大町市▽安曇野市--を巡り、松本市の松本城周辺を通過してから同市営開智大型駐車場でセレブレーションを開催し、聖火の到着を祝う。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文671文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集