メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みのひだフォーカス

岐阜に県内初の障害者用体育館オープン パラスポーツの拠点 周辺は一大支援ゾーン /岐阜

完成した県福祉友愛アリーナ=岐阜市則武で

 県内初の障害者用体育館「県福祉友愛アリーナ」が1日、岐阜市則武にオープンした。障害者の社会参加を促進する目的で、県が2016年3月から整備を進めてきた。東京五輪・パラリンピックを来年に控え、県内障害者スポーツの競技力向上のために、期待が集まる。【岡正勝】

 ■選手に朗報

 「若い選手と練習し、何らかのタイトルをとりたい」。県のパラリンピックアスリート強化指定を受けている車いすバスケットボールの田中秀弥選手(23)=岐阜SHINE=は、5月30日のオープン式典で新拠点の誕生を喜んだ。

 ゴールボールにサウンドテーブルテニス、車いすバスケ、ボッチャ……。同アリーナには観客席はないものの、多様な障害者スポーツの国内公式競技会場や練習会場として利用できる。関係者は「会場を確保できず、練習不足を感じていた選手たちには朗報だ」と施設の完成を歓迎した。

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです