メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

垂水街角美術館長 葛迫幸平さん(64)=鹿児島県垂水市 身近に芸術鑑賞の場を /鹿児島

 鹿児島県垂水市で商店街の店舗の一角に芸術作品を展示する「垂水街角美術館」が2月に始まり、好評を得ている。近代洋画界の重鎮、和田英作画伯を輩出した垂水市。そんなまちにアトリエをもつ日本美術家連盟会員で洋画家の葛迫(くずさこ)幸平さん(64)が発案した取り組みだ。同市出身の葛迫さんに街角美術館に寄せる思いを聞いた。【新開良一】

 Q 開設を思い立った理由を教えてください

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです