メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

初の法成立、レジェンド尽力(その1) 同性婚の虹、アジアに

同性カップル(左と中央)の証人欄に署名する祁家威さん=台北市信義区の行政機関で5月24日、福岡静哉撮影

 5月24日朝、台湾各地の行政機関に、正装した男性や女性の同性カップルが列をなしていた。アジアの国・地域で初めて同性婚の受理が始まる日だ。

 台北市信義区で、大勢のカップルに署名を求められている長身の男性がいた。祁家威(きかい)さん(60)。真っ赤なジャケットに、虹色のネクタイとヘアバンドをつけている。

 戒厳令下の時代から33年、当局に逮捕されながらも決して諦めず、立法、行政、司法に訴え続けてきた。台湾の同性愛者にとっての「レジェンド」だ。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです