メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

初の法成立、レジェンド尽力(その1) 同性婚の虹、アジアに

同性カップル(左と中央)の証人欄に署名する祁家威さん=台北市信義区の行政機関で5月24日、福岡静哉撮影

 5月24日朝、台湾各地の行政機関に、正装した男性や女性の同性カップルが列をなしていた。アジアの国・地域で初めて同性婚の受理が始まる日だ。

 台北市信義区で、大勢のカップルに署名を求められている長身の男性がいた。祁家威(きかい)さん(60)。真っ赤なジャケットに、虹色のネクタイとヘアバンドをつけている。

 戒厳令下の時代から33年、当局に逮捕されながらも決して諦めず、立法、行政、司法に訴え続けてきた。台湾の同性愛者にとっての「レジェンド」だ。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年300校消える公立小 「1日限定」開放で思い出に浸るOBら 滋賀・甲賀

  2. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  5. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです