メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

高等教育とは 次世代担う人材育てよ=長谷川眞理子・総合研究大学院学長

=根岸基弘撮影

 昨今、大学改革がさかんに叫ばれている。文部科学省の中央教育審議会でも、国立大学協会でも、内閣府の総合科学技術・イノベーション会議でも、大学改革の大嵐だ。そこで、問題にされているのは、最近の日本の科学が、世界の潮流の中で、だんだん小さな存在になってきているのを何とかせねばならないということ、そして、大学がもっと経済の発展に貢献せねばならない、ということだ。

 世界での日本の科学的存在感が小さくなってきているのは本当だ。日本発のトップレベルの論文数が減ってき…

この記事は有料記事です。

残り1488文字(全文1717文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです