韓国艦

日韓防衛相、平行線 「レーダー照射」後、初会談

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岩屋毅防衛相は1日、アジア安全保障会議が開かれているシンガポールで、韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相と非公式に会談した。日韓の防衛相会談は、昨年12月に韓国軍による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題が発生してから初めて。双方が従来の主張を繰り返し、議論は平行線をたどった。

 会談で岩屋氏は、レーダー照射問題について「自衛隊機は適切な飛行をしていた」とする1月の最終見解を伝え、再発防止を要求。一方、韓国国防省の発表によると、鄭氏は「明白な事実無根だ。問題の本質は日本の哨戒機の近接威嚇飛行にある」と従来の立場を繰り返し、日本側に国際法の順守を求めた。

 日韓の課題の早期解決のため、事務方の協議を後押しすることについては一致した。会談後、岩屋氏は「大事なことは、このような事案を二度と起こさないようにすること」と話した。鄭氏は記者団に「虚心坦懐(たんかい)に議論をした」とし、「両国関係が改善するよう、積極的に努力していくつもりだ」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文717文字)

あわせて読みたい

注目の特集