メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国艦

日韓防衛相、平行線 「レーダー照射」後、初会談

 岩屋毅防衛相は1日、アジア安全保障会議が開かれているシンガポールで、韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相と非公式に会談した。日韓の防衛相会談は、昨年12月に韓国軍による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題が発生してから初めて。双方が従来の主張を繰り返し、議論は平行線をたどった。

 会談で岩屋氏は、レーダー照射問題について「自衛隊機は適切な飛行をしていた」とする1月の最終見解を伝え、再発防止を要求。一方、韓国国防省の発表によると、鄭氏は「明白な事実無根だ。問題の本質は日本の哨戒機の近接威嚇飛行にある」と従来の立場を繰り返し、日本側に国際法の順守を求めた。

 日韓の課題の早期解決のため、事務方の協議を後押しすることについては一致した。会談後、岩屋氏は「大事…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです