メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

永谷園ホールディングス 江戸の味、茶づけに

 「お茶づけ海苔(のり)」でおなじみの食料品メーカー。江戸時代に煎茶を生み出した永谷宗七郎を祖先に持つ永谷嘉男氏が東京都内で老舗茶屋を営んでいた1952年、飲食店で食べたお茶漬けを「家庭でも」との思いで商品化した「江戸風味 お茶づけ海苔」が創業のきっかけとなった。

 「づけ」はひらがな、「海苔」は漢字。包装紙は歌舞伎舞台の3色の定式幕をイメージし、江戸情緒を表現した。デザインは現在も引き継ぐ。新しい味がヒットしたことで、永谷氏は個人経営の茶屋から法人化を決意。翌53年に「永…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです