メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『東京は遠かった 改めて読む松本清張』=川本三郎・著

 (毎日新聞出版・1944円)

 松本清張のミステリの生命力は長い。折にふれ読みたくなるという人が多い。時をこえて花咲く。この普遍性の源を鮮やかに解き明かす。

 四章仕立て。まずズバリと指摘する。清張作品の主人公はなべて地方出身者。野心や夢をいだき東京に出た男女が、やむにやまれぬ哀(かな)しい犯罪ドラマを展開する。昭和の高度経済成長期の光と影が託される。

 東京の権威に地方が従う。そんな格差が清張ミステリの大きなテーマ。その構図は近現代史をつらぬく。清張…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文492文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです