メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『天皇制と闘うとはどういうことか』=菅孝行・著

 (航思社・3456円)

 版元によると、今年4、5月に「天皇制反対」をうたった新刊は本書だけとか。40年以上天皇制を論じてきたベテランが、現代だけでなく、戦後の沖縄や中世の被差別民と天皇との関係なども縦横に分析した。象徴天皇の本質をじっくり論じた憲法学者の樋口陽一との対談なども収め、今の天皇制に肯定的な人も十分参考にできる。

 論壇などで反天皇制の主張は、昭和末期よりはるかに減った。その理由を、本書は、反天皇制論が<制度と個…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文480文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです