メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

藻谷浩介・評 『平成金融史』=西野智彦・著

 (中公新書・994円)

令和の日本経済の足枷に

 バブル崩壊の遠雷が聞こえ始めた平成3年(1991年)。愛媛県の第二地銀・東邦相互銀行の経営破綻がその序曲だった。以来、平成18年(2006年)にUFJ銀行が東京三菱銀行に吸収合併されるまで、日本では、不良債権を抱えた金融機関の破綻と統廃合の嵐が荒れ狂う。15行あった都市銀行は、3大メガバンクとりそなホールディングスに集約されてしまい、3行あった長期信用銀行も消滅した。山一證券の経営破綻も、今なお鮮烈な記憶として残る。

 掲題書の著者は、「平成」という時代の名前にふさわしからぬ激浪に見舞われた金融界を、取材し続けて来た…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1516文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです