メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火リレー、空前の警備

 来年の東京五輪の聖火リレーのルートが発表された。聖火リレーは世界中の関心を集めるだけに、暴動の標的とされやすい。過去の五輪でも妨害行為が度々起きた。警備を担当する警察当局や各地の自治体は空前の警備態勢を敷くことになる。

 2016年リオデジャネイロ五輪は、経済の低迷や大統領の汚職発覚などで五輪開催に不満を持つ国民によるランナーへの投石や消火器噴射など妨害が頻発した。世界各地を巡った08年北京五輪の聖火リレーでは中国政府のチベット政策への抗議行動が多発し、長野…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです