メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「我が家」に近づいた 復興住宅入居始まる 住民「諦めない」 大熊

復興住宅への入居が始まり、荷物を運び込む伏見明義さん(手前)と妻照さん=福島県大熊町で1日、和田大典撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が4月に一部で解除された福島県大熊町で1日、町南部の大川原地区に整備された災害公営住宅(復興住宅)への入居が始まった。近くでは町役場新庁舎が業務を始めており、仮設の商業施設も整備される。45世帯68人が入居予定で、住民は今後の生活に期待を膨らませながら、新しい住まいに家財道具を運び入れた。【高橋隆輔】

 避難指示の続く町中心部の自宅へ帰還を目指している伏見明義さん(68)と妻照さん(66)は、軽トラッ…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1148文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです