メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道事故

シーサイドライン 突然逆走、車内パニック 「倒れる乗客も」

車両(左)が逆走する事故があり、騒然とするシーサイドラインの新杉田駅=横浜市磯子区で1日午後10時、小川昌宏撮影

 無人運転の列車は思わぬ方向に走り出し、事故の衝撃で車内はパニックに陥った。1日夜、横浜市内を結ぶ新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅(横浜市磯子区)で起きた逆走事故。乗客は「血を流して倒れている人もいた」と振り返った。

 事故は午後8時15分ごろ発生。車両が駅を出発したところ、突然逆走を始めた。2両目に乗っていた男性会社員(46)=横浜市金沢区=は「出発してから数秒後にいつものブレーキの2倍くらいの感じでガコーンと音がして止まった」と話す。その瞬間、車内はパニックになり、自分も持っていたカバンが吹き飛ばされ、腕やすねを強打した。男性は「外に出たかったが、ドアがなかなか開かなかった」と驚いていた。

 横浜市金沢区に住むアルバイトの男性(73)は、帰宅のため駅構内に向かうと、顔をゆがめて搬送されていく人の姿が目に入った。10年以上利用しているというが、「こんなことは初めて。恐ろしくてびっくりしている」と話した。

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです