メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火が照らす被災地 「復興する姿見て」

 東日本大震災で被害を受けた東北地方に豪雨災害に見舞われた西日本、地震に襲われた熊本県--。全国の被災地を巡る東京五輪の聖火リレーのルートが1日、発表された。各地からは「復興が進む姿が伝わる」と期待の声がある一方で、「復興のイメージだけが先行するのではないか」との危惧も聞かれた。【高橋隆輔、三瓶杜萌、柴山雄太、戸田紗友莉、城島勇人】

 「一生に何度もないイベント。聖火リレーまでにはたくさん人に戻ってきてもらい、大勢の町民でランナーを迎えられたらいいね」。福島県大熊町の災害公営住宅に入居予定の新妻茂さん(70)はうれしそうに話した。

この記事は有料記事です。

残り1407文字(全文1674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです