メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 我が家に近づいた 復興住宅入居始まる 大熊

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が4月に一部で解除された福島県大熊町で1日、大川原地区に整備された災害公営住宅(復興住宅)への入居が始まった。近くでは町役場新庁舎が業務を始めており、仮設の商業施設も整備される。45世帯68人が入居予定で、住民は今後の生活に期待を膨らませながら、新しい住まいに家財道具を運び入れた。【高橋隆輔】

 避難指示の続く町中心部の自宅へ帰還を目指している伏見明義さん(68)と妻照さん(66)はこの日、軽トラックに積んだ衣類や趣味で描いた絵を新居に運び込んだ。「自宅に戻れるわけじゃないから複雑な思いもあるけど、自宅が近づいただけでうれしい」。作業の間、笑顔は絶えなかった。

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです