メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

両陛下、沿道に1万5000人 愛知で初の地方公務

 天皇、皇后両陛下は1日、第70回全国植樹祭出席のため愛知県を訪問された。天皇陛下の即位後、地方訪問は初めて。同県によるとJR名古屋駅や沿道などで約1万5000人が出迎えた。両陛下は2日、同県尾張旭市である植樹祭の式典に出席する。

 両陛下は同県到着後、あま市の「七宝焼アートヴィレッジ」を訪ね、江戸時代から続く伝統工芸の「尾張七宝」の作品などを見学した。明治時代にフランスに輸出され、再び同県に戻った高さ約1・5メートルの花瓶に見入った陛下は「見事ですね」と感心していた。

 両陛下は夜には名古屋市のホテルで植樹祭の関連行事に参加。植樹祭のポスターの原画などを描いた7人の子…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1212文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです