メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念
仕事の現場

JR西日本瑞風推進事業部 渡辺昌樹さん 最高の「走るホテル」地味に追求

「おもてなし」を究める。手元のプレートは乗客の記念撮影用だ=JR大阪駅で

 JR大阪駅10番線のホームで、10両編成の「彼女」を出迎えた。鏡面のように艶のある濃緑色の端正な車体。展望デッキ付きの特徴的な先頭車に手を添え、「頼むな、お瑞(みず)」とつぶやいた。「大事なパートナー。運行状況は常に把握しています」

 JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の、現場における事実上の責任者。「品質・オペレーション管理担当課長」の肩書で、客室、厨房(ちゅうぼう)のスタッフなど計約50人を統括する。接客業務はもちろん、食事メニュー、運行ダイヤ、停車先の観光コースの選定など瑞風に関する全てが守備範囲だ。急患発生時など非常時対応も任され、運行中は24時間気を抜けない。

 国鉄民営化後の2000年に入社したJR世代。「鉄道ファンではなかったが、人を喜ばせる仕事をしたかった」。当時の人事方針で入社2年目に車掌、3年目に新幹線の運転士を経験し、「国鉄世代の先輩たちから、鉄道マンの責任の重さを学んだ」。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです