メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消防ロボット部隊が発足 ドローンや放水砲で備え 千葉・市原

消防ロボットシステム部隊の発足式で放水する「放水砲ロボット」=市原市提供

 石油化学コンビナートなどの特殊災害に対応する消防用ロボットを全国で初めて実践配備した市原市消防局は5月24日、八幡消防署に消防ロボットシステム部隊「スクラムフォース」(隊員11人)を発足させた。

 配備されたロボットは飛行型偵察監視ロボット(ドローン)▽走行型偵察監視ロボット▽放水砲ロボット▽放水ホース延長ロボットの4台と、指令システムを積んだ搬送車両で構成。消防隊員は指令システムを使ってロボットを制御する。

 消火にあたる放水砲ロボット(長さ2・3メートル、幅1・4メートル、高さ2・1メートル)は、時速7・…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  4. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです