障害児でも気軽に旅行を NPOが沖縄旅行を企画

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄ツアーでマリンスポーツを楽しむ参加者ら=2019年5月、杉本ゆかりさん提供
沖縄ツアーでマリンスポーツを楽しむ参加者ら=2019年5月、杉本ゆかりさん提供

 障害を持つ子や医療的ケア児を持つ家庭を支援する活動をしている東京都東村山市のNPO法人「Lino(リノ)」が、気軽に家族旅行を楽しんでもらおうと初めて沖縄ツアーを企画した。参加者はカヤックやバナナボートなどのマリンスポーツを体験、大好評だった。代表の杉本ゆかりさん(39)は「ちょっとしたサポートがあれば、障害を持つ子でも気軽に旅行を楽しめる」と話している。 杉本さんによると、障害児がいる家庭が旅行するには、航空機など交通機関の予約の際にも事前に対応を手配したり、バリアフリーの宿泊施設を探したりする必要がある。手配が煩雑なことや、旅の途中で体調を崩すことも考慮して旅行をためらう家庭が多い。旅行代理店で販売される障害者向けのパックツアーは高額で、気軽に参加しにくいという。

 杉本さん自身も長女理々霞(りりか)さん(16)が2歳の時に急性脳症で手足が不自由になり、家族旅行は何度かしたものの、面倒な思いをした。リノが障害児や家族を対象に開くイベントでは、参加者の多くから同じような悩みが打ち明けられた。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文1001文字)

あわせて読みたい

注目の特集