ペシャワール会・中村医師「アフガン全土で砂漠化」 1000万人の窮状訴え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アフガニスタンの現状について語る中村哲さん=早良区西新の西南学院大で、飯田憲撮影
アフガニスタンの現状について語る中村哲さん=早良区西新の西南学院大で、飯田憲撮影

 アフガニスタンで用水路整備や医療支援を続けるNGO「ぺシャワール会」(事務局・中央区)の現地代表、中村哲医師(72)の現地活動報告会が1日、福岡市早良区西新の西南学院大であった。中村さんは干ばつ被害が深刻化している現状を紹介し、約250人が熱弁に耳を傾けた。

 中村さんは1984年からパキスタン北西部でハンセン病患者の診察を始め、後に…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい

ニュース特集