メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペシャワール会・中村医師「アフガン全土で砂漠化」 1000万人の窮状訴え

アフガニスタンの現状について語る中村哲さん=早良区西新の西南学院大で、飯田憲撮影

 アフガニスタンで用水路整備や医療支援を続けるNGO「ぺシャワール会」(事務局・中央区)の現地代表、中村哲医師(72)の現地活動報告会が1日、福岡市早良区西新の西南学院大であった。中村さんは干ばつ被害が深刻化している現状を紹介し、約250人が熱弁に耳を傾けた。

 中村さんは1984年からパキスタン北西部でハンセン病患者の診察を始め、後に…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 今週のNHK連続テレビ小説 おちょやん

  4. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです