メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペシャワール会・中村医師「アフガン全土で砂漠化」 1000万人の窮状訴え

アフガニスタンの現状について語る中村哲さん=早良区西新の西南学院大で、飯田憲撮影

 アフガニスタンで用水路整備や医療支援を続けるNGO「ぺシャワール会」(事務局・中央区)の現地代表、中村哲医師(72)の現地活動報告会が1日、福岡市早良区西新の西南学院大であった。中村さんは干ばつ被害が深刻化している現状を紹介し、約250人が熱弁に耳を傾けた。

 中村さんは1984年からパキスタン北西部でハンセン病患者の診察を始め、後に…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  5. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです