メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運行会社「逆走の想定なかった」 自動停止の仕組みなし シーサイドライン逆走

逆走して車両止めに衝突した際、車両同士がぶつかり大きくへこんだシーサイドラインの2両目後部=横浜市金沢区で2019年6月2日午後7時14分、喜屋武真之介撮影

 横浜市磯子区の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で1日、車両が逆走して14人が重軽傷を負った事故で、出発直前の自動列車運転装置(ATO)の交信記録に異常がなかったことが、運行会社「横浜シーサイドライン」への取材で判明した。同社によると、交信記録が正常でも、システムそのものに不具合があった可能性がある。事故原因を調べる国の運輸安全委員会の鉄道事故調査官は「原因は思いつかない」としている。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文814文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです