メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「事故原因わからず…」同システムの他の6路線、通常運行を続行 シーサイドライン逆走

逆走して車両止めに衝突した際、車両同士がぶつかり大きくへこんだシーサイドラインの2両目後部=横浜市金沢区で2019年6月2日午後7時14分、喜屋武真之介撮影

 横浜市磯子区の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で1日、車両が逆走して14人が重軽傷を負った事故があった。国土交通省によると、コンピューター制御で無人走行する新交通システムを導入しているのは、東京都の「ゆりかもめ」や大阪市の「ニュートラム」、神戸市の「ポートライナー」「六甲ライナー」など事故があったシーサイドラインを含めて7路線ある。同省鉄道局は「他の事業者に安全対策の徹底などを求めることも検討しているが、事故原因をある程度把握しないと具体的な指示ができない」として、通達などは出していない。

 シーサイドライン以外の業者は通常運行を続ける。ゆりかもめの担当者は「事故原因が分からない中では対応…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文672文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです