メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

メッシが12ゴールで6度目のCL得点王に…6季連続のC・ロナウドを阻止

情報提供:サッカーキング

リオネル・メッシがCL得点王に輝いた [写真]=Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦が1日に行われ、リヴァプールとトッテナムが対戦。リヴァプールが2-0で勝利を収め、14年ぶり6度目の優勝を果たして2018-19シーズンの全日程が終了。試合後、UEFAが大会の得点ランキングを発表した。

 1位はバルセロナに所属するリオネル・メッシが、12得点で今シーズンのCL得点王に輝いた。クラブは準決勝でリヴァプールに敗れたものの、メッシはエースとして今年もチームをけん引。同選手にとっては2011~2012シーズン以来、6度目の得点王となった。

 2位にはバイエルンのロベルト・レヴァンドフスキがランクイン。バイエルンは決勝トーナメント1回戦でリヴァプールと対戦して2試合合計1-3で敗戦。レヴァンドフスキはリヴァプール戦ではノーゴールで終わったものの、グループステージの6試合で驚異的な決定力をみせて8ゴールをマークしている。

 3位はマンチェスター・Cのセルヒオ・アグエロ、ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウド、ポルトのムサ・マレガ、アヤックスのドゥシャン・タディッチの4人で、6得点。クリスティアーノ・ロナウドはこれまで6季連続で得点王に輝いていたものの、今シーズンはメッシに得点王を譲る形となった。

■2018-19 CL得点ランキング
1位 12得点 リオネル・メッシ(バルセロナ)
2位 8得点 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
3位 6得点 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
3位 6得点 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)
3位 6得点 ムサ・マレガ(ポルト)
3位 6得点 ドゥシャン・タディッチ(アヤックス)
7位 5得点 アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)
7位 5得点 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
7位 5得点 ネイマール(パリ・サンジェルマン)
7位 5得点 エディン・ジェコ(ローマ)
7位 5得点 ルーカス・モウラ(トッテナム)
7位 5得点 ハリー・ケイン(トッテナム)
7位 5得点 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
7位 5得点 モハメド・サラー(リヴァプール)

【関連記事】
●リヴァプールが14年ぶり6度目のCL制覇! サラーPKとオリジ弾で昨季の雪辱果たす
●還ってきた両エース! 最終決戦で揃ったベストメンバー!【CL決勝/トッテナムvsリヴァプール】
●トッテナムはソン・フンミンに期待、リヴァプールはエースが着々と牙を研ぐ…【CL決勝ポジション別戦力比較/フォワード編】
●リヴァプールOBのGKデュデク&ジェームス、アリソン称える 気になるスコア予想は…
●元仏代表MFピレス、CL決勝は「GKの活躍が非常に重要」 同郷GKロリスは「世界で屈指」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです