メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

CL決勝出場選手を英メディアが採点…最高評価はアリソンなどリヴァプール守備陣

情報提供:サッカーキング

英紙が両クラブの出場選手を採点した [写真]=Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦が1日に行われ、リヴァプールが2-0でトッテナムとのイングランド勢対決を制して優勝を果たした。イギリスメディア『スカイスポーツ』は、最大評価を「10」、最小評価を「1」として、両クラブの出場選手を採点した。

 最も高い評価を受けたのはリヴァプールのアリソン、フィルジル・ファン・ダイク、アンドリュー・ロバートソンといった守備陣で「8」。『スカイスポーツ』はアリソンの活躍を「トッテナムが枠内シュートを撃つのに73分かかったが、残りの時間を上手く守っていた。昨季の悲劇(レアル・マドリード戦)後、リヴァプールで大きな役割を果たした」と称えた。

 リヴァプールの多くの選手が高い評価を受ける中、ロベルト・フィルミーノが「4」と両クラブの中でも最低評価。同メディアは採点理由を「彼はボールを足に収めることができておらず、前線にパスも供給できていなかった」とした。

 一方トッテナムは、”CBコンビ”とハリー・ウィンクスが「7」でチーム内最高評価。ヤン・フェルトンゲンに関しては、「後半に入ってから良いブロックを作り、(モハメド・)サラーを阻止した」として一定の評価が与えられた。しかし同メディアは、ハリー・ケインを「開始30分でわずか5回程度しか触らなかった」と存在感を指摘し、デレ・アリを「無駄なポジション取り」として共に「4」としている。

『スカイスポーツ』によるレーティングは以下の通り。

リヴァプール
▼GK
アリソン 8

▼DF
トレント・アレクサンダー・アーノルド 7
ジョエル・マティプ 7
フィルジル・ファン・ダイク 8
アンドリュー・ロバートソン 8

▼MF
ファビーニョ 7
ジョルジニオ・ワイナルドゥム 6
(→62分 ジェイムズ・ミルナー 7)
ジョーダン・ヘンダーソン 7

▼FW
モハメド・サラー 7
ロベルト・フィルミーノ 4
(→58分 ディヴォック・オリジ 7)
サディオ・マネ 7
(→90分 ジョー・ゴメス 採点無し)

トッテナム
▼GK
ウーゴ・ロリス 6

▼DF
キーラン・トリッピアー 6
トビー・アルデルヴァイレルト 7
ヤン・フェルトンゲン 7
ダニー・ローズ 6

▼MF
ハリー・ウィンクス 7
(→66分 ルーカス・モウラ 5)
ムサ・シソコ 5
(→74分 エリック・ダイアー 5)
デレ・アリ 4
(→82分 フェルナンド・ジョレンテ 採点無し)
クリスティアン・エリクソン 6
ソン・フンミン 6

▼FW
ハリー・ケイン 4

【関連記事】
●メッシが12ゴールで6度目のCL得点王に…6季連続のC・ロナウドを阻止
●リヴァプールが14年ぶり6度目のCL制覇! サラーPKとオリジ弾で昨季の雪辱果たす
●還ってきた両エース! 最終決戦で揃ったベストメンバー!【CL決勝/トッテナムvsリヴァプール】
●トッテナムの命運を握る稀代のゲームメイカー、リヴァプールは戦術的選択肢が多彩…【CL決勝ポジション別戦力比較/ミッドフィルダー編】
●守備陣の総合力ではリヴァプールに軍配? トッテナムは3バックか4バックか…【CL決勝ポジション別戦力比較/ディフェンダー編】

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです