メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

質素?豪華?「幻の庭園」 築地跡地の松平定信邸、五輪後に発掘調査 東京

関東大震災直後の「浴恩園」跡=東京都中央区立京橋図書館提供

 昨年閉鎖された旧築地市場(東京都中央区)の広大な跡地に、江戸時代の「幻の庭園」が眠っている。寛政の改革で知られる老中松平定信(1758~1829年)が屋敷に築いた「浴恩園(よくおんえん)」だ。数十年にわたり地下に埋もれてきたが、都などは2020年東京五輪・パラリンピック後の再開発に伴い、初の発掘調査を検討。庭園の再発見と実態解明に期待が高まっている。

 江戸時代に海を埋め立て、大名屋敷や寺院が建ち並んだ築地。定信は屋敷の中央に池付きの庭園を造成した。文献などによると、海水を引き入れ、潮の干満で趣が変わる造りだったとされるが、1829年に起きた江戸の大火で被災。池だけが姿を保った。

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  3. 岐阜市のナイトクラブでクラスター 従業員と客の計10人感染確認 新型コロナ

  4. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです