メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

社民党首辞任へ 連立離脱か メルケル政権痛手

ナーレス党首

 ドイツのメルケル連立政権を構成する中道左派、社会民主党(SPD)のナーレス党首は2日、党首辞任の考えを表明した。同党は5月末の欧州議会選で歴史的大敗を喫し、ナーレス氏の責任を問う声が高まっていた。政権の基盤が一気に揺らぐ恐れがあり、政局は重要局面を迎えた。【ベルリン共同】

 ナーレス氏はSPD内で主要な連立推進派だったが、辞任により連立離脱を求める声が高まり、SPDが将来的に離脱、メルケル政権が崩壊する可能性が指摘されている。次期党首の方針が鍵を握るが、火中の栗を拾うような状況下で党首選出が難航する恐れもある。メルケル首相は2日「連立政権を継続して…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 「警察来ないと思った」 麻薬所持、沢尻容疑者供述

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです