メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「裸の王様」が招く地獄=永山悦子

 5月というのに東京で真夏日となった24日。汗をふきながら待ち合わせ場所に着くと、「これが地獄ということだよ」と告げられた。「温暖化地獄--脱出のシナリオ」などの著書がある東京大名誉教授の山本良一さん(72)だ。環境材料科学が専門の山本さんは、20年以上前から地球温暖化に危機感を持ち、警鐘を鳴らしてきた。

 山本さんは怒っていた。まず見せられたのが「気候非常事態宣言」を出した世界の自治体一覧。欧米、オセア…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです