メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬が西向きゃ

タンナファクルー=高尾具成

 黒糖と小麦粉、卵で作る沖縄伝統の焼き菓子「タンナファクルー」をご存じだろうか。明治時代、首里で菓子商を営んでいた玉那覇二郎さんが作り始めたお菓子で、名字の「たまなは」(タンナファ)と二郎さんが色黒で「黒い」(クルー)というあだ名で呼ばれていたことに由来するという。

 この菓子を知ったのは5年ほど前のこと。沖縄戦で旧日本軍の組織的な戦闘が終結したとされる「沖縄慰霊の日」(6月23日)を前に、絵本「いただきます」(文・玉城裕美子、絵・磯崎主佳、沖縄時事出版)と出合ったのがきっかけだった。2007年の慰霊の日に刊行された本の表紙には、タンナファクルーを笑顔で手にする子どもたちが描かれている。

 絵本は、沖縄戦の戦火を逃れ、沖縄本島北部の「ヤンバル」(山林地帯)へ避難した住民を襲った「飢え」の…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです